MPEC Tokyo(エムペック)東京メトロポリタン経営品質協議会

セミナープログラム 2021年度

2021年度 MPECセミナープログラムのテーマ

ダイナミックケイパビリティと経営品質

オンライン講座
経営デザインプログラム
「認識チェンジとダイナミックケイパビリティ」                     

• 戦略は変化の時代にこそ重要な意味を持つ
• 大激変した現代においては極めて重要である
• 変化の認識・変化への適応・変化の活用である
• 環境適応力のレベルで企業の存続が決まる
• キーワードは「認識チェンジ」と「ダイナミック・ケイパビリティ」
• 本セミナーはコロナ感染防止の観点からZOOMによるリモートセミナーとなります。当日のリンクは受講のお申し込み欄よりお申し込みください。





定番
強い組織を作る経営の教科書基準書徹底理解
無料

経営とは「組織の目的」と「目的を達成する様々な手段」で構成されている。それぞれの理解を深めるために、基本的な基礎知識のレクチャーおよびベストプラクティス(好事例)を組み合わせ理解を深めるセミナー。テキストには「日本経営品質賞アセスメント基準書」を活用します。
2018年度はお陰さまで総参加者が100名を超え、アンケートでは「本セミナーを職場のメンバーに紹介したい」という90%以上の評価を得ることができました。2回目、3回目のリピーターが多く、「参加するたびに新しい気づきと学びがある」というお声も頂いております。
2021年度は1回のみの開催となりますのでお早めにお申し込みください。

詳しくはこちら

1

経営の仕組み基礎シリーズ(1) 組織プロフィールと経営の要素

4/20(火)

2

経営の仕組み基礎シリーズ(2) 経営幹部のリーダーシップ

5/18(火)

3

経営の仕組み基礎シリーズ(3) 企業における社会的責任

6/22(火)

4

経営の仕組み基礎シリーズ(4) 顧客市場の理解

7/20(火)

5

経営の仕組み基礎シリーズ(5) 戦略の策定と展開

8/17(火)

6

経営の仕組み基礎シリーズ(6) 個人と組織の能力向上

9/14(火)

7

経営の仕組み基礎シリーズ(7) 顧客価値創造プロセス

10/19(火)

8

経営の仕組み基礎シリーズ(8) 振り返りと学習

11/16(火)

【参加について】

MPEC会員(法人・個人)の方は無料でご参加いただけます。法人会員の方は原則1回につき3名までとさせていただきます。





2020年度プログラム(終了)
セミナー構成

コロナ禍が企業経営に与えた影響とこれからのマネジメント

• いま世界・国内で起こっていることの認識

• 第一波、第二波、今後の対策をキーワードから読み解く

• 組織成熟度とコロナ禍対応は比例する

• 「緊急事態と経営品質」について

9/29(火)15:30~17:00

2

覚醒!非常事態における逆引きの経営

• コロナ禍におけるキャッシュポジションの重要性

• 事業計画は売上視点からではなく利益視点から

• 利益を創出する「4つの押さえるべき」ポイント

• 実行計画は利益創出(KGI)の重要施策(KPI)で構成

• 「利益から考える経営品質」について

10/23(金)15:30~17:00

3

非常事態におけるリーダーシップ

• コロナ禍においては、希望を創造をした企業が抜け出す

• いま求められるリーダーシップは「認識チェンジ」

• 新たな認識による「新たなビジネスモデル」の構築

• 「ブレないリーダーと経営品質」について

11/27(金)15:30~17:00

4

非常事態における組織づくり

• 誰も予想できなかった「欲求の逆転現象」

• コロナ禍で激変した現代に求められる「組織のチカラ」

• 直近の対策は、「基準共有の浸透」と実行

• 「人々の欲求と経営品質」について

11/27(金)15:30~17:00





時流セミナー
無料

企業経営における課題は年々増加しています。人手不足への対応に焦点をあて、採用、生産性向上、定着について関心の高いセミナーを用意しました。

詳しくはこちら

I

時流セミナーシリーズ(1) AIの普及実態と中小企業における
          活用方法の実例について

8/22(木)10:30~12:30

II

時流セミナーシリーズ(2) 外国人との
          異文化コミュニケーション

9/26(木)10:30~12:30

時流セミナーシリーズ(3) 採用を成功させる
          ホームページでのPRポイント

10/24(木)10:30~12:30

IⅣ

時流セミナーシリーズ(4) 折れない心
          レジリエンスの高める方法

11/21(木)10:30~12:30



インテグレーションステージ
350研究会
有料
2019年
開講

2019年度テーマ:自社の競争力分析スキルの習得と活用

2015年度研究会続篇です。経営の状態を正しく診断し組織競争力強化のための実践的課題を明らかにするために、戦略的アセスメントを実践的に学びます。外部審査員による審査を受けたい、アセスメントの考え方と作法を学びたいという組織の方々におすすめです。

※「350モデル研究会」は、今期は「経営品質研究会」と合同開催となります。

【対象】 経営者・経営幹部

詳しくはこちら

【参加について】

インテグレーションステージのプログラムは、会員の方を対象としています。ご興味のある方は協議会までご連絡ください。

2018年度セミナー体系図

MPEC経営品質検定制度

知識の習得度合いを検定し、合格者には認定証を発行します。
さらに、名刺にグレードを表記したロゴマークの使用許可証の発行も行います。

MPECが目指すのは会員企業の皆様の経営が毎年“進化”することです。企業が進化するために、セミナーや実践塾にご参加になった方が知識やスキルを習得し、自ら日々進化を実感していただいていることを望んでおります。
2015年度より、セミナーに参加による知識・スキルの習得状況を確認していただくための制度を設けます。経営品質およびその周辺基礎知識について検定を行い、一定の成果を収めた方には認定証を発行させていただきます。
検定制度を用いて、学ぶ楽しさや合格する喜び、そして仕事でお役立ちを感じていただくよう、多くの方にご活用いただきたいと思います。

2015年度は32名が合格!

検定概要
MPE 3級 はじめて経営品質を学ぶ方や、組織内で幹部に続いて経営品質を学んでほしい社員を対象としています。
アセスメント基準書の概要および経営に関する基礎知識について検定します。アセスメント基準書およびセミナーの配布資料から出題されます。全50問で80%以上が合格ラインです。
MPE 2級 3級で修得した経営品質基礎知識をもとに実務での活用を行っている、チームリーダクラス以上の方を対象とします。
アセスメント基準書のカテゴリの項目レベルまでの詳細な知識と、ケース課題に対してカテゴリをどのように機能させるかをもとに実務的な活用力について検定します。全50問で80%以上が合格ラインです。
MPE 1級 原則として、課長クラス以上の組織をリードする方が対象です。
3級、2級で身につけた知識と実践知を通じて、チームや組織をMPECマネジメント体系に基づいてリードする力がどこまであるかを検定します。自己の課題設定と成果についてのレポート、それに面談で検定合否を判断します。

検定方法

・MPE2級・3級:筆記試験のみ
・MPE1級:記述試験と面談

検定費用

・MPE3級:2,000円
・MPE2級:3,000円
・MPE1級:10,000円

検定場所

経営研究所 東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビルB1

>>>検定のお申し込みはコチラ

東京メトロポリタン経営品質協議会 〒114-0024 東京都北区西ヶ原4-56-20 武蔵野学院大学経営品質研究所内
Copyright (c) Tokyo-Metropolitan Performance Excelence Council  All Rights Reserved.